2009.07.05 Sunday

戦争と抒情

0
    まだ7月であるが、真夏に開催されそうな「戦争」について考えるとあるフォーラムに参加してきた。

    **************【告知】****************
    日本戦没学生記念会(わだつみ会)発足60周年
    わだつみフォーラム

    「戦争」と「抒情」

    なぜ若者は「特攻」にむかったのか
    なぜ「特攻」攻撃に民衆は熱い賞賛を送ったのか
    「特攻」を敢行した国家や軍部の論理はどこにあるのか
    戦後における「特攻」の言説にひそむ問題とは何か

    なぜ
    「特攻」作戦は生まれたのか。
    「特攻」という問題を中心に、
    「抒情」が事態を見えにくくする日本の危うさを論考する!

    日時:7月4日(土)14:00~16:30(13:30開場)

    場所:中央大学駿河台記念館(JR御茶ノ水駅下車)

    講師:八柏龍紀(作家)
    参加費:500円
    主催:日本戦没学生記念会(わだつみ会)http://tokyo.cool.ne.jp/wadatsumikai/
    協力:NPO法人学生団体新人会http://www.shinjinkai.com/
    ***************************************************

    こちらの会の前後に予定が入っていたため、全てを聞けた訳ではなかったが、
    かなり手厳しい内容だった。

    民放の特集番組はもとより、映画で取り上げられる「特攻」や「太平洋戦争」というものがいかに偽装されて美化されて語られていたのか、史実を知っている者からすると空虚で薄くて軽い内容になっているか考えさせられた。

    特に特攻基地として名高い「知覧」の歴史博物館ですら、実際にはほとんど特攻には使用されなかった戦闘機「三式ヒエン」「四式ハヤテ」が展示されており、意図的に美化する流れがありありと流れているらしい。

    皇紀2600年に生産された「ゼロ式」というのがいわゆる「ゼロ戦」であるが、その後に「一式ハヤブサ」「三式」「四式」と新しい戦闘機が生産された。しかし、特攻に使用されたのはそれよりも古い「96式」「97式」「99式」だったそうだ。もちろんこの話自体も自分で確認せねばならないのだが、いかに人々が与えられた情報をそのまま鵜呑みにして歴史認識を作り上げているのかが透けて見えて恐ろしくなった。

    もちろん悲惨な過去の現実を美化すること自体は、人々の想いの発現たる主義主張の一種であるので自由であるのだが、それを受け止める我々が「お約束」というかそういう装飾がなされていることをあらかじめ解った上で見学せねば間違った印象を受け止めてしまうことになる。

    昨今のテレビ番組のレベル低下、マスコミの取材力の低下がさけばれているが、それを批判する番組や某国営放送のまじめな番組でさえよくよく事実を照らし合わせなければ謝った認識を持ちかねない、危険な時代に突入しているということなのだろう。

    八柏さんが前半の最後に引用された、『「他人の死から深い感銘を受ける」というのは、生者の傲岸な退廃である』(白鳥邦夫「京都大学新聞」1962年5月7日発刊)という言葉が胸に残った。
    2008.08.27 Wednesday

    ロシアの「新冷戦を恐れない」について

    0
      今朝の日経新聞から。

      ############################
      (一面)
      ロシアのメドベージェフ大統領は二十六日、グルジアから分離独立を主張する南オセチア自治州とアブハジア自治共和国の独立を承認する大統領令に署名した。グルジアの領土保全を尊重するよう要求してきた日米欧への対決姿勢を鮮明にしたもので、各国は一斉に反発した。同大統領はロシア地元テレビで「新冷戦を恐れていない」と発言、欧米との緊張が一気に高まる恐れもある
      (三面)
      ロシアがグルジア領内の南オセチア自治州などの独立を承認したことで米欧諸国との対立は決定的となった。メドベージェフ大統領は独立承認後のロシアの英語テレビ局とのインタビューで「新冷戦を恐れてはいない」と言明した。国際社会での孤立も辞さず、グルジアを勢力下に置こうとするロシアの強硬姿勢は一段と明確になってきた
      ############################

      ううーむ、これから多くのWebや雑誌やテレビで特集が組まれるだろうが、実際はこれらの国に行って見たりこれらの国々の人たちの声を聞いてみないとなんともいえないかもしれないが、いまどき先進国が(アメリカを除き)戦争をしかけるなんて不思議でしょうがない。

      一体どういうことなのか、安易に報道にだまされることないよう注意して真実を調べてみたいものである。
      2008.08.22 Friday

      グルジア侵攻のニュースにて

      0

        オリンピックも終了間近だが、このオリンピック中に起きた軍事侵攻のニュースについて気になることを書いておきたい。

        まず思ったのは、アメリカの明らかに間違ったイラク戦争の惨憺たる結末を見て、もはや大国が戦争を仕掛けるなんてばかばかしいと思っていた矢先、オリンピックも始まってお祭りモードに入っていたにもかかわらず、「〜侵攻」という物々しいニュースが入ったことが衝撃だった。

        続いて思ったのが、「南オセチア」を攻撃した「グルジア」に対して、ロシアが侵攻したとのことだが、一体どこの話だろう。イメージとしてはバルカン半島や多くの民族が所狭しと住んでいるあたりのことだろうかといった程度に思っていた。

        調べてみると、南オセチアというのはオセット語を話すオセット人という人々が約7万人居住している自治州らしい。北オセチアはロシアに含まれているようである。そして、オセチア人は人口469万人余りのグルジアに反発し、そのグルジアはロシアに反発しているとのこと。それぞれ何十倍も大きな単位に対して反発しており、その結果として紛争となっているようだ。

        ロシアはグルジアがEUに入るのを嫌がっており、グルジアは昔からヨーロッパだと思っているので早くEUに加盟したいと考えているようだ。オセット人はグルジアの抑圧制作に反対しているということのようだ。

        そして一番驚いたのが、Wikipediaで見る限り、この地域はなんと多くの言語があり、民族が住んでいるのだろうということ。7万人という単位で独自の言語を持った民族が自治州として成り立っていて、グルジアでも470万人ということは、福岡県だけで500万人以上いて、1300万人も住んでいる九州が独立国になっても十分すぎるほど大きな単位なんだなぁと改めて思った。


        この紛争に関しては、血みどろの争いになる前に、両者がもっとも望むポイントが何かをハッキリさせ、紛争や混乱よりも安全と平和で経済活動を活性化させるほうがよっぽど人々の幸せに近道であることを認識し、紛争という手段に訴えないでなんとか解決に向かって欲しいものである。
        2008.08.06 Wednesday

        63回目の広島原爆の日

        0
          63年前の午前8時15分、
          広島で世界で初めて人類に対し。
          人類がこれ以上ない大量破壊兵器である原子爆弾を投下した。

          被爆者の会が全国で組織され、
          50年以上活動してきたとのことだが、
          全国で高齢化が進み、活動を維持できなくなってきているそうだ。

          某国営放送からの情報だが、とある県の会では、
          当時4歳だった女の子が現在67歳で活動を支えているそうだ。

          この先10年もすれば、様々な病気にかかったとしても被爆の影響なのか高齢でそうなっているのか全く判別がつかなくなってしまうだろう。

          それと同時に日本の被爆の記憶が完全に失われてしまう。

          そういったタイミングで「ヒロシマ/ナガサキ」が制作され、
          衛星放送でも放映されるということはいいタイミングだと思う。

          この夏も自分は、両親の故郷である長崎へと帰省する。

          祖父母四人の中で唯一健在であり、
          長崎の原爆の生ける証人である祖母を訪ねて、
          少しでも語らっておきたいと思う。
          2008.07.22 Tuesday

          東京平和映画祭にて(7月20日のこと)

          0
            7月20日、日曜日に代々木にて、第五回東京平和映画祭に行ってきた。

            前々からこのような映画祭に興味はあったが、ようやく参加することができた。

            いやはや、衝撃のドキュメンタリー映像の連続だった。

            民放はもとより、国営放送でもなかなかこのように深くえぐった映画やドキュメンタリー映像はお目にかかれないと思う。もしかすると放映しているのかもしれないが、かなり気をつけて番組表を見ないと見つけられない気がする。

            その点で、こういった映画祭は見に来る人たちは関心も同じであるし、意識もある程度高いので観る環境としては良いと思われる。

            見たのは次の3本
            1本目「核分裂過程」
            2本目「イラク 戦場からの告発」
            3本目「ヒロシマ・ナガサキ」

            最初の核分裂過程は、ドイツの原子力政策を転換させるきっかけとなったヴァっカースドルフの運動を描いたドキュメンタリー。核の再処理施設の建設を差し止めた住民運動のドキュメンタリーであるが、この南部の人々は日本人と同様に保守層が強く、よっぽどのことがなければ政府の方針には従うのタイプが多いらしいのだが、この時ばかりは政府に自分たちの主義主張を認めさせるべく激しく抵抗していた。結果、差し止めることができ、その後のドイツ国内における原子力発電政策の流れを作ることになったらしい。日本人も見習って、政府の言うがままの状況を打破するきっかけになってくれればと思う。

            二つ目のイラクは、映像からしてショッキングの度合いが凄まじかった。「劣化ウラン弾」「クラスター爆弾」とは言葉だけは聴いていてもどれほどの被害をもたらすのか、この映像ではじめて知った。特にウラン弾は現代の原爆であり、放射能の影響で被爆者をどんどんと増やしている。なんと惨たらしいことをするのだろうとしばし放心状態になってしまった。

            三つ目は、1年前からタイトルを聞いていて、手に入れられるようになったらすぐに観たいと思っていた作品。

            期待に違わぬ出来映えの凄いドキュメンタリーであった。冒頭の渋谷の若者たちが1945年8月6日に日本で何が起こったか知らないと行って笑っているシーンからして衝撃的。ドキュメンタリーといえども映像作品であるのだから、一応そういう回答を集めたのかもしれないが、それにしてもなんとう嘆かわしいことよ。1945年に太平洋戦争が起こっていることくらい知らないのだろうか。およそ中学くらいまでは出ている年齢の若者たちへのインタビューだったが、親たちや教師から何を習ってきたのだろうか。おそらくその親の世代も高度経済成長以降の生まれであり、戦争の記憶や話など聞かずに育ったのだろう。また、特に都心で産まれ育った2世になると、親の世代からして戦時中の厳しい記憶など知る由もない忘ほどの刺激にあふれた育ち方をしてしまったのだろう。

            私は小さいときから原爆の体験やおどろおどろしい絵や詩を見聞きして育ったし、自分の祖母も被爆者手帳を持っている人であるし、「はだしのゲン」を読んだし、小学校の修学旅行でも長崎に参ったし、中学の修学旅行では広島に参った。ごく自然に、このような歴史の上に今の平和な生活が来ているのだということを知ってきたのである。

            何年経とうとも忘れることはならない日本人としての記憶を、なんとかして若い世代、児童の段階から見聞きできるような運動に参加して行きたい。

            ヒロシマナガサキ
            ヒロシマナガサキ
            スティーヴン・オカザキ
            2007.08.15 Wednesday

            62年目の終戦とばあちゃんの被爆体験

            0
              私には長崎で原爆に被爆しているばあちゃんが居る。

              ばあちゃんは長崎で健在だが、79歳であり、
              長崎に原爆が投下されたときには16歳であった。

              今年の夏は、
              弟と長崎にて初めてばあちゃんと被爆体験に付いて語り合えた。

              小学生のときから原爆の悲惨さに付いては映画や、漫画などでみており、
              両親からばあちゃんは被爆者なんよと聞いてはいたが、
              大人になって初めてじっくり聞けた。

              被爆者手帳も初めて見た。

              そこには爆心地からわずか2.6キロメートルの地点で被爆したとの証明がなされていた。ばあちゃんは16歳で軍の要請により昭和20年の2月頃から長崎市内で看護婦として招聘されていた。

              半年ほど貧しく苦しい看護婦生活をしていた夏の日、今年と同じようにうだるような暑さの中、病院内で被爆。

              防空壕に避難した後、何もかもが吹き飛ばされ焼け尽くされた町中を出て、
              この世のものとは思えぬ死体であふれている浦上川をたどって
              親戚のうちに避難し、数日過ごした後
              長崎市外から少々離れた海沿いの実家に戻ったそうだ。


              その後ばあちゃんは三菱関連の工場で働きだし、
              そこで知り合ったじいちゃんと結婚し、うちの父を産むことになる。

              つまり、私は被爆3世ということになる。
              私の体には被爆者の血が流れている。

              今の若者にかぎらず中年世代でもすでに
              戦争の記憶や被爆者の経験談を知らない人が増えてしまっているが、
              絶対に戦争と原爆には反対である。

              今の総理大臣を始め多くの国会議員は、大日本帝国が導いてしまい、
              起こされてしまった未曾有の悲劇を忘れてしまっているような気がする。

              いや、政治家だけではなく国民の非常に多くが、
              忘れてしまっている気がする。

              昨晩は某国営放送で極東国際軍事裁判の
              パール判事にまつわるドキュメンタリーを放送していたが、
              日本のA級戦犯と言われる人々は、
              国際法上、彼らを有罪とする法律が存在していなかったのだから
              全員無罪であるというパール判事の指摘はまったくもって正しい。

              判事は日本への同情ではなく、あくまでも法の精神にのっとり、
              国際法や法治社会への貢献のためにロジカルに判断した結果、
              全員無罪としたそうである。

              この指摘を日本国民がどれほど知っているだろうか。

              マスコミや教科書で表現されていることしか知らない国民が増えているのは
              非常に危険なことだと思う。

              しかし私は、自分の血に誓って絶対反対である。
              特に非核3原則は、早々に法制化してもらいたいものである。

              そんな62年目の終戦記念日であった。
              Calendar
                    1
              2345678
              9101112131415
              16171819202122
              23242526272829
              3031     
              << December 2018 >>
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recent Comment
              Recent Trackback
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Recommend
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM