<< SpiderOakは便利 | main | 第4回 ファイナンス研修「日本国債とトヨタ社債のどっちが無リスク金利??」 >>
2008.06.30 Monday

若者の未来

0
    日曜日、高校のOB会でゴルフコンペに行ったのだが、あいにくの大雨で中止。あえなくボーリング大会になったが、その帰りに11歳上の先輩で官僚でもあるかたと今の日本の状況などいろいろとお話をした。

    その中で、秋葉原の殺人事件の話も出たが、ああいう風に世間や社会に恨みを持っている人が、お上に対してではなく同じような一般庶民に対して事件を起こすなどという、その動機からすれば霞ヶ関や丸の内の人々に報復してよさそうなものを出来ないという事態が現状を物語っていると思われる。

    つまり、若い世代は政治への参加の仕方もわからない、何も出来ない世代になってしまったのだろう。老人はこれからもどんどん増えるし、政治にも参加するし、投票にも行く。その声が反映されるのが「民主主義」なので当然なのであるが、投票率が同じ水準まで達しても若い世代と老人世代が母数で段違いになれば政治はどうなるか。若者の雇用に対する関心は薄れ、年金の徴収や税金は増やし、老人向けの社会保障はあげていく。それが民主主義なのだからそうなるのは当然である。

    果たして、今後日本で現役世代の暴動が起こるだろうか。起こらなければますます搾取される時代になるのは見えているのだが、搾取されている怒りを同じ搾取されている若者世代にぶつけるような頓珍漢な人間が増えると、老人世代にとっては(為政者にとってはもっとだが)なんの脅威にも抑止力にもなりえないだろう。恐ろしい時代に入ったものだ。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM