<< 業界再編というか元の鞘に戻るというか | main | 新米国誕生 >>
2008.11.05 Wednesday

11月5日の注目記事

0
    11月5日の注目記事はこちら。



    #######################################
    バイク便大手のバイク急便(東京・新宿)は配送員がバイクに乗らず、地下鉄やバスなどを利用して荷物を運ぶサービスを首都圏で強化する。専門スタッフを二〇〇九年末に現在の五倍の百人に増員、扱い量を全体の三割程度に高める。公共交通機関が発達した都心部ではバイクを使うより早く配達できるケースもある。交通事故抑止も期待している。
     配送料金はバイク利用と同額。安全を売り物に優秀な配送員を確保しやすくし、環境に配慮して企業イメージを高める狙いもある。専門の配送員拡充に合わせて、一度に多くの荷物が運べる肩かけかばんを作る。
     同社と契約するバイク配送員は現在、首都圏に約三百人。公共交通機関を使う配送員は約二十人で、バイクでは運びにくい筒状の荷物などに対応したサービスを提供している。
     配送員はいずれもバイク急便から配送を請け負う個人事業主の形態。配送費用は配送員が自らの収入から賄っており、公共交通機関を使えばガソリン価格高騰も響かない。新規配送員のほか、バイク利用からの切り替えも受け付ける。
     バイク急便の持ち株会社、By―Qホールディングスの〇七年度売上高は約四十一億円。首都圏での運用がうまく進めば、グループ会社が運営する関西など他地域でも同様の仕組みを導入する考えだ。 (日経新聞朝刊)
    #######################################

    これは非常にユニークである。

    荷物を運ぶのに、ガソリン代のほうが電車代より高くなり、かつ渋滞でスピードが遅いとなると電車を利用した方が早いのはわかる。

    しかし、「バイク便」の会社が「電車便」に乗り出すとはなんともユニーク。こうなるともはやバイクの免許も不要となり、派遣会社が相次いで破綻した今、軽作業請負という感じで労働者獲得には困らなくなるだろう。日中の都心の電車はかなりすいているので、公共交通機関にとっても利用者が少しでも増えればありがたいことかもしれない。

    そして、道路がすく深夜早朝は引き続きバイク便を継続すればいいのであるから非常にいいアイデアだと思われる。

    もしかしたら最初から「電車便」というビジネスを創業しても良いのでは?と思ってしまったが、電車で行けるなら事務所のあまってるアルバイトスタッフを行かせれば良いじゃないかとも考えられるのでそれだけでは成り立たないのだろう。

    新規事業立ち上げとは難しいものである。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM