<< オバマ米国大統領就任演説 | main | 野村、08年4―12月期は4923億円の最終赤字というニュースにて >>
2009.01.26 Monday

朝青龍の優勝の件

0


    昨日千秋楽を迎えた大相撲が面白かった。

    場所前の稽古総見でみせた朝青龍の凋落振り。

    またしても休場か、はたまたスパッと出場してありのままをさらけ出して、明るく引退へと進んでいくのか、そんなネガティブな下馬評を覆しての勝ち星が進んだ。

    今場所はテレビのニュースでの取り組みを見ても、横綱の気魄がすごかった。

    最初の取り組みでは、俵が足に掛かったところからの鬼神のような勢いで押し返し、勝利。

    その後も危ない取り組みを経ていたが、5連勝したあたりから強い朝青龍が戻ってきた。

    確かに今でも取り組み以外の部分での態度が好ましくないというのは残っていたが、やはり現時点で横綱である限り、土俵上の気魄と強さは賞賛に値する。

    そのまま14連勝で迎えた最終戦。

    横綱同士の取り組みでは白星を喫したが、その結果で8年ぶりとなる横綱同士の優勝決定戦。

    これで盛り上がらないはずは無い。

    そんな優勝決定戦では、見事朝青龍の作戦勝ち。

    純粋に相撲として強かった。

    元々は神事からスタートしたといわれる相撲だが、マスコミでも八百長がどうのと言われるように勝ち負けにこだわるスポーツとしてみるのであれば、強いものが正義である。

    今場所を観戦できた人は10年に一度の大相撲にめぐり合えて幸いだと思う。

    今の日本の弱弱しい政治や経済を感じている人は、この圧倒的な力強さに勇気付けられたのではないか。

    復活した朝青龍を追いかけるような日本の政治の復活を望みたい。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM